Q. 膵臓病・膵炎の子でも食べられますか?


A. 進行状態によって食事制限の必要性が異なります。

■かかりつけの先生から療法食の指示がある場合

前提として、食事療法が重要な治療の一つとなります。

ココグルメは栄養バランスのとれた良質なフードですが、あくまで健康なわんちゃんを対象とした設計となっており、膵臓病・膵炎で注意すべき脂質は療法食に比べて多く含まれております。

現在かかりつけの先生から低脂肪の療法食の指示がある場合などには、そちらをご利用いただきますようお願い申し上げます。
また療法食をなかなか食べてくれないようであれば、「療法食の種類を変える」などでご対応いただき、療法食のみを続けることをおすすめします。

ただ「種類を変えても食べない」など、どうしても療法食を食べない場合には体力・体型を維持することが難しくなりますので、まずはかかりつけの先生とご相談の上で通常のフードをトッピングとしてお使いいただくと良いかと思います(ココグルメを含む通常のフードの「療法食へのトッピング」に関しては、食事量全体の2割程度であれば、療法食への影響はほとんどないと言われています)。

■療法食の指定がない場合

指示がない場合でも、食事を変更することで膵炎のリスクになってしまう可能性がございます。

大切なご家族のワンちゃんのために、定期的な検査結果や体調を見ながら、お食事の内容についてかかりつけの先生へご相談されてからご検討いただくことをおすすめいたします。

ココグルメのタンパク質と脂質について、ココグルメ100g中の量と()内は水分を除いた乾物量をそれぞれ記載いたします。

なお、<8月1日お届け分>より商品がリニューアルおよび価格が改定となります。
栄養素の数値も変更となりますので、リニューアル前とリニューアル後の両方を記載いたします。

リニューアルと価格改定の詳細につきましては、こちらよりご確認ください。


<7月31日お届け分までの栄養素>

■チキン&ベジタブル■
・タンパク質:13.44g(47.45%)
・脂質:4.33g(19.68%)

■ポーク&ブロッコリー■
・タンパク質:15.07g(47.02%)
・脂質:8.07g(25.18%)

■フィッシュ&パンプキン■
・タンパク質:10.86g(47.88%)
・脂質:3.67g(16.18%)

■ジビエ&ビーツ■
・タンパク質:12.51g(47.16%)
・脂質:4.33g(16.31%)


<8月1日お届け分からの栄養素>

■チキン&ベジタブル■
・タンパク質:13.12g(47.89%)
・脂質:5.46g(19.92%)

■ポーク&ブロッコリー■
・タンパク質:14.01g(47.08%)
・脂質:6.72g(22.58%)

■フィッシュ&パンプキン■
・タンパク質:12.61g(46.85%)
・脂質:4.15g(15.43%)

■ジビエ&ビーツ■
・タンパク質:11.67g(45.17%)
・脂質:4.4g(17.03%)


役に立ちましたか?

同じカテゴリの質問


解決しなかった場合

お客様サポートセンターまでご連絡ください

営業時間: 10:00~18:00 (土日祝休み)
※営業・セールスはお断りしております。
現在、お問い合わせを多くいただいておりますため、お電話が繋がるまでにお時間をいただいております。
お急ぎの方は、恐れ入りますが、お問い合わせフォーム、メール、LINEにてお問い合わせください。

\LINEでのお問合せも受付中/

初めてお召し上がりの方限定!
[初回限定]お試しBOX ¥980(税込み)
初めてお召し上がりの方限定!
[初回限定]お試しBOX ¥980(税込み)