Q. 腎臓病の子でも食べられますか


A. 進行状態によって食事制限の必要性が異なります。

■かかりつけの先生から療法食の指示がある場合

腎臓の機能を維持するためには、ミネラルやタンパク質を調整した療法食だけをお使いいただくのが理想です。

ですが、「なかなか療法食を食べてくれないけれど、トッピングすることで食べてくれる場合」や「少しは療法食でないものも食べさせてあげたい」とお考えの場合には、少量のトッピングを行うという方法もあります。
(食事量全体の1~2割程度であれば、通常のフードをトッピングしても療法食の効果に大きな影響はないといわれています)
療法食の指示があるけれども、飼い主様のお考えや「食べない」などの問題からココグルメを主食にしたいとお考えの場合には、かかりつけの先生とご相談の上ご検討いただけますと幸いです。

■療法食の指定がない場合

無理に栄養の制限はせずに、バランスのとれた総合栄養食を与えていただくことが大切です。

しかしながら、大切なご家族のワンちゃんのために定期的な検査結果や体調を見ながら
その都度かかりつけの先生とご相談されることをおすすめします。

腎臓病の際に配慮して調節すべき、タンパク質、リン、ナトリウムについて、ココグルメ100g中の量(水分を除いた乾物量)を
それぞれ記載いたしますので、ご参考になさってください。

チキン  :タンパク質 44.86% リン 0.8625% ナトリウム 0.4265%
ポーク  :タンパク質 47.02% リン 0.9254% ナトリウム 0.3290%
フィッシュ:タンパク質 47.89% リン 0.9921% ナトリウム 0.4453%

役に立ちましたか?

同じカテゴリの質問


解決しなかった場合

お客様サポートセンターまでご連絡ください

営業時間: 10:00~16:00 (土日祝休み)

\LINEでのお問合せも受付中/